スクーターを売るコツ!おすすめ買取方法と買取業者3社

スクーターの買取を検討している方へ、スクーター売却に関する情報をご紹介します。

乗らなくなったスクーターが庭先に置きっぱなしになってると意外と場所をとるもの。そのまま放置してもメリットは何もありません。なんと言っても日本のバイクは優秀です。動かないスクーターでも少しの修理で中古バイクとして活躍出来るかもしれません。

修理不能と思う古いスクーターでも、実は貴重なパーツが満載で、買取業者に喜ばれる事もあります。眠ったまま放置したり廃品回収業者にスクラップ扱いで渡したりしないで、貴重な資源として再利用するためにもバイク買取を利用してみてはいかがでしょうか。


可能なスクーターの買取方法4つとメリットデメリット

まず、スクーターの買取をする方法とそのメリットデメリットをみてみましょう。
1.近所のバイク販売店や購入したお店で売却
通常は販売が主な業務ですが、中古バイクを買取してくれるバイク店も多いです。
メリットは日頃お付き合いがあるお店ならばの特別サービスがあるかもしれません。この時は大手買取店に負けない買取額が出ることもあって、小さなお店でも高価買取を目指す人は侮れない存在です。
デメリットはバイク店によって対応がバラバラな事。中には出張査定も有料という所があるので申込する前によく確認しておきましょう!査定額がマイナスになる事もあります。

2.大手買取店の買取サービスを利用
利用可能なスバイク王やバイクランドの買取サービスを利用する方法です。
メリットは無料の出張査定サービスがある事。引取サービスもあるので動かないスクーターでも買取出来る事。名義変更などの書類手続きを確実にやってくれる事などがあります。
デメリットは、バイクの状態によって査定額がマイナスになる事があります。

3.廃品回収業者に依頼
バイクを引取してくれる廃品回収業者を呼ぶか、流している廃品回収業者を呼び止めてバイクを引取してもらう方法です。
メリットは故障したバイクでも不動バイクでも手軽に処分出来ること。業者によりますが重量に応じていくらかの収入になる事もあります。
デメリットは、スクラップとして扱うのでバイク相応の価値で買取してくれません。処分費用を支払って引取してもらう事の方が多いようです。

4.二輪車リサイクルシステムに引き渡し
公益財団法人の自動車リサイクル促進センターで行っている二輪車のリサイクルシステムを利用する方法です。
メリットは、指定引取場所までバイクを持ち込みすると費用負担ナシで資源として再利用出来ます。持ち込み不可の場合でも廃棄二輪車取扱店に依頼すると運搬費用だけの負担で再利用可能です。
デメリットは買取ではないので収入が発生する事はありません。それと廃車手続き等は自分で行う必要があります。


スクーター

スクーターの買取するならコレ!

スクーターは年式や状態によって買取可能な場合と、逆に処分費用が発生する場合があります。まずは、利用可能な無料の査定を利用して買取業者を見るける事。出来れば複数の業者の査定を受けて一番高く査定してくれた所に買取してもらうのがベストです。

残念ながらマイナス査定となった場合は買取店への返事は一旦保留にして、一番安く処分出来る方法を選びます。その時のおすすめは二輪車リサイクルシステムの利用。指定引取場所に自分で持ち込みすれば処分料が無料です。持ち込み不可で運搬代が発生する時は買取店のマイナス査定額と比較し、安い方を選択すれば処分費用を低く抑えられます。


おすすめのスクーター無料査定3つ

無料査定を受けるにはどんな買取業者があるかをご紹介します。
高価買取に向けて無料査定を上手に利用しましょう!


バイク王

バイク王の詳細

バイク買取業界のシェアNo.1
大手の買取査定額がいくらになるか確認するには必須の業者
査定は、査定料・出張費用も無料なので一切お金はかかりません
↑これを利用しない手はないです

バイク王
詳細はこちら

バイクランド

バイクランドの詳細はこちら

業界規模No2.のバイク買取業者です
バイク王の査定額に満足がいかなかったら利用してみる価値あり

はじめからバイク王との2本立てで相見積もりという作戦も有効です

バイクランド
詳細はこちら

バイクブロス

バイクブロスの詳細

一括査定方式のバイク買取
とにかく高く売りたい人向けの一括査定です
大小様々な買取業者が競い合って査定してくれます
デメリットは複数の業者から買取査定の電話連絡が入る事。
高く売るためには手間をいとわない人向け

バイクブロス
詳細はこちら


うっかりすると損してしまう可能性あり!スクーターの売却タイミング

スクーターはナンバープレートがある限り毎年軽自動車が課税されます。しかも、この軽自動車税は平成28年4月に一斉に値上げしました

軽自動車税を排気量別にみると
・50cc以下:(旧)1,000 → (新)2,000円
・50cc超え90cc以下:(旧)1,200円 → (新)2,000円
・90cc越え125cc以下:(旧)1,600円 → (新)2,400円
・125cc越え250cc以下:(旧)2,400円 → (新)3,600円

普通自動車と比べるとそもそも少額の税金ですが、値上げ率で言うと半端ない値上げです。今後の事を考えると侮れません。

軽自動車税は毎年4/1時点の持ち主に課税されるので、スクーターを売る予定の人は3月中のタイミングで売却しておくと良いです。
うっかりすると4/1を迎えてしまい、1年分の軽自動車税を支払う事になるので注意です!

ちなみにナンバープレートがある限り、自賠責保険が切れて乗れないスクーターで課税されます。



スクーター買取の流れ

バイク王やバイクランドなど、バイクの買取業者を利用してスクーターを売却するとこんな流れになります。
1.書類の準備
必要書類が揃っていないとスムーズに買取ができません。予め書類が揃っているか確認しておきます。必要書類は
・車検証(250cc以下は軽自動車届出済証、125cc以下は標識交付証)
・自賠責保険証
・印鑑
・身分証明書
なお、車検証や軽自動車届出済証や標識交付証を紛失した場合は、管轄の陸運局または市区町村窓口で再発行の手続きをしておきます。

2.出張無料査定に申込する
希望の買取業者の無料査定に申込します。この時点では査定額がプラスになるか分からないので、出張料や査定費用が発生する業者は使わない方が無難です。

3.スクーターの査定
査定士さんに実際のスクーターを見てもらいます。洗車して綺麗な状態にしておくと査定額がアップするかもしれません。
査定額に納得出来れば契約し納得出来なければ遠慮なくお断りしましょう!別の買取業者の査定額と比較してから決めるのがベターです。

4.買取成立
買取額が満足いくならば買取契約を結びます。一度契約したあとで解約すると解約手数料を請求する業者もあるので、愛車を手放してよいか自分にもう一度問いかけてみましょう!
支払いは現金で支払いする業者と額に応じて振込になる業者があります。たとえばバイク王の場合は3万円未満ならば現金払い、3万円以上は振込。バイクランドの場合は全額現金払いです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする